« 1月に読んだ本 | トップページ | 青春のドラマ »

こんな現代っ子に だれがした

(「雨にもあてず」という結構有名なパロディがあるのは知っていた。特に検索したりすることもなかったが、先日たまたまネットで目にしたので、保存も兼ねて掲載する。)

「雨にもあてず」

雨にもあてず 風にもあてず
雪にも 夏の暑さにもあてず
ぶよぶよの体に だくさん着こみ
意欲もなく 体力もなく
いつもぶつぶつ 不満をいっている
毎日塾に追われ テレビに吸いついて 遊ばず
朝から あくびをし 集会があれば 貧血をおこし
あらゆることを 自分のためだけ考えてかえりみず
作業はぐずぐず 注意散漫すぐにあき そしてすぐ忘れ
りっぱな家の 自分の部屋にとじこもっていて
東に病人あれば 医者が悪いといい
西に疲れた母あれば 養老院に行けといい
南に死にそうな人あれば 寿命だといい
北にけんかや訴訟(裁判)があれば ながめてかかわらず
日照りのときは 冷房をつけ
みんなに 勉強勉強といわれ
叱られもせず こわいものもしらず
こんな現代っ子に だれがした

Rimg0025

「だれがした」の答えは当然「大人」だが、もっと具体的に言えば何だろう。
社会だろうか? 教育行政や学校だろうか?

私なら「親」と即答する。
自分の子供に責任を持たずして、どうして親と言えようか。

|

« 1月に読んだ本 | トップページ | 青春のドラマ »

詩・歌・箴言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな現代っ子に だれがした:

« 1月に読んだ本 | トップページ | 青春のドラマ »